WRXのクランクシャフト


クランクシャフトの各部を計測しました

”曲がり”も計測

”曲がり”って、要するに”振れ”です。

どっちだっていいです。

整備解説書が”曲がり”の数値になっていたので”曲がり”

”曲がり”の数値は”振れ”の1/2です

毎度おなじみ、オイル穴の

 

R加工もやっておきました

ジャーナル部は回転方向のみR加工で、反対はバリ取り

あとはジャーナル部とピン部をラッピングして
戸田レーシングに一体バランス取りに出します

今回は、フライホイールの軽量化しません。
クラッチもノーマル

コンロッドの大端部・小端部の内径も計測しておきました

子メタルの当たり具合

まぁまぁですね

このシリーズの先頭記事はコチラ

Facebook Comments

コメントを残す