ヴィヴィオ シリンダーヘッドの水路


6月に私のヴィヴィオの排気バルブが欠損して

話題を呼んでいるようです(?)

みんさん、色々と仮説立ててみえますが、

私は、このエンジンを降ろして

補機も点検して
ヘッドと腰下を、外しているので、大体原因はわかっているのです。

さて、それでみなさんが立てた仮説の中でヴィヴィオのヘッド周りの冷却がよろしくないというのがあります。

プレオ以降は改善されているとのことです。

R2/R1/ステラは資料も現物も無いのでなんとも言えませんが

プレオのヘッドを見てみると


上が今回私のヴィヴィオから降ろしたヘッド。下は2月に八幡で買った物。

見える範囲では、水路はヴィヴィオとかわりません。

で、ヘッドガスケット

左がヴィヴィオ。真ん中が八幡。右は知人のプレオRSの車体番号で発注したもの。
手前が1番シリンダーです。
ヴィヴィオは、私の車から外したものではなく1度もバラしたことのないエンジンから外したもの。
私の車は、2回シリンダーヘッドを外しています。今回で3回目です。

水路ですが、ヴィヴィオと八幡は同じです。

右のものは水路が違います。
1・2番を広く・3・4番を狭くしてあります。

以前に使用したR1のメタル製ガスケットも形状は違いますが、3・4番が狭くなっていました。

EN07Xの水の流れを確認してみます


ヴィヴィオ 新型車解説書より

上はOHC。下がDOHCです。
DOHCの図には、腰下の水路が載っていないので、2つ載せました>

ラジエターのロアホースを基点に見て行きます

ロアホースから、エンジンの前側にあるウォーターポンプに行きます。
DOHCは1度シリンダーヘッドに行っていますが、サーモスタットとヒーターからの戻りがあるだけで、シリンダーヘッドの中を通っているの訳ではありません。

ウォーターポンプから、ブロックに入っていきブロックから各気筒の燃焼室周りへ別々に入っていきます。

そして、ヘッドからアッパーホースを通ってラジエターへ行きます。

この流れと、ガスケットの変革を見るとヴィヴィオの1・2番の冷却が悪いのは与太話ではなさそうですね。

ただし!燃焼室周りの水路が4~1へ直列に通っているなどということありません。

私の知る限りでは、燃焼室を直列で冷やしているシリンダーヘッドなんて聴いたことないです。

3・4番を狭くしておかないと、そちらにばかり水が流れてしまう。

ただ、ヘッド自体の水路が違うというのは確認が取れませんでした

Facebook Comments

コメントを残す