エキマニ交換!!


プレオのエキゾーストマニホールドを使います。

形状はヴィヴィオと同じです。

これが丁度、工房に転がっていたので使うだけです。
これがヴィヴィオのものよりいいと言う訳ではありません。
ただ、遮熱板の取り付けボルトがヴィヴィオの6mmに対して8mmになっています。

私が見たヴィヴィオのエキマニは、どれもここのネジが潰れていました。

だから、プレオから対策で大きくなったのかもしれません。

ここのねじ穴は何個も直しました。

私も青ヴィヴィオも

1度目のバルブ欠損の時に初めて外したのですが
やはりボルトは固着してへし折れました!!

その後に遮熱板は何度か外しているのでが潰れることはありません。

なんでか?

それは、高温になる部分は”焼き付き防止剤”を

塗布しているからです。

みなさん意外と、これをやっていないような印象を受けます。

自動車と縁の深い”ワコーズ”からも

製品が出ている。

ボルトの管理もタービンのメンテナンスを

やっていた時に覚えたことですね。



Facebook Comments