カムシャフト 作用角計測!!


先日、お話した

ヴィヴィオのカムシャフトの計測を行いました

計測したのは

RX-R A型

RX-R B型

RX-SS(E型)

になります。

A型は作用角が大きいと巷で言われていますので確認します

分度器をセットする前にピストンの上死点をダイヤルゲージで確認します

タイベル交換や点火時期点検に使う合いマークではアバウトですのでダイヤルで確認します

分度器をクランク取り付けて
ダイヤルをバルブリフターにセットして計測

まず、B型とRX-SSは、作用角・スケジュール・リフト量、同じです。

同じものと考えていいでしょう。

気になるA型ですが
IN・EX共に作用角が12度大きかったです!!!

 

 

 

. *  うそです   +
.      ∧_∧ _∧
. +  (* ´∀`)´∀`)
.   n/    \n  \n
.  (((ヨ  )   ノ\E) ノ\E)))
.     (_⌒ヽ ⌒ヽ
.      ヽ ヘ } ヘ }
.  ε≡Ξ ノノ `Jノ `J

本日、計測したカムシャフトは

全て同じでした!!

A型はハイカムはやはり都市伝説でした。

しかし、本当に出始めの数十台は違う!
という話もきいたこともあります。
都市伝説の謎はなかなか解けません

詳しい作用角・バルブスケジュールは、ここには書きませんので
オフ会等で私をみかけたらお尋ねください

Facebook Comments

コメントを残す