不人気車を考える T12オースター②


私はハチマル車のカタログを眺めているのが好きなんです

1970年生まれの私からするとハチマル車は憧れの車なんです。

中学生くらいから、

こんなドラマや

こんなアニメの影響もあり

車に興味を持ち始めました。

最近はハチマルブームといいますが、それは私の世代の人口が多いからじゃないでしょうか?

で、今日の話題にするのはこの車

T12 オースター

この車はP10 プリメーラの前身といってもいい車です

オースターと、オースターの兄弟車のスタンザが統合されて
この車がデビューしました。

P10は日産の”901運動”で生まれた車で
フロントマルチリンクサスペンション等の新機軸もあり
よく売れました。

今でも、P10について語る自動車評論家は見かけます。

「実用的なパッケージング」
「欧州車のように締め上げられて足回り」

このあたりが評価されている理由のようです。

しかし
上記の2点は既にT12オースターの時点で確立されていたことです。

でも、現在の時点でオースターについて語る自動車評論はありません(私が知らないだけかもしれません)

ですから、この車について語ってみましょう

クラスとしては、同じ日産のブルーバードと同クラスになります

ライバルでいうとトヨタのコロナ

カローラとマークⅡの間ということですね。

今はミニバンが全盛ですのが、この頃はセダンが主流でした。

このクラスは、カローラ・サニーより広くてマークⅡ・ローレルより気取っていなくて実用的な車といった感じで、当時の平均的な4人家族で旅行に行っても十分な居住性とラッゲージスペースが確保されている

上の写真の150系コロナと


兄弟車カリーナはよく売れていました。

コロナ・カリーナは、この型からFFとなり、
マークⅡよりも室内も広いし
トヨタのFF車は、この頃から熟成も進みハンドリングよくなりヒット商品となりました。

今日の本題のT12オースターはどうかというと

この車はまったく売れませんでした!!

カタログの数値を比較してみるとオースターは150コロナと殆ど変りありません。

室内にいたってはオースターのほうが若干広いくらいではないでしょうか?

乗り味はどうかというと、この車はハンドリングに定評がありました

車の作りを見るとT12オースターは売れてもいい車のような気がします。

黒基調の内装

カクカクとしたダッシュボード

大変男らしい仕上がりです

しかし、この頃はソアラのヒットで”ハイソカー”ブームということもあって

この150コロナの内装のように場末のキャバレーを思わせる内装が人気でした。

このあたりが売れなかった秘密ではないでしょうか?

CMもで、CA18DETを載せた”Xtt”を前面に押し出しています。
そして”ヨーロッパチューッドサスペンション”を謳っていて非常にカッコいいですが、

このクラスの車の購買層は、はっきり言ってそんなことは、どうでもいいでしょう!!

このクラスで大事なのは実用性とお買い得感でしょう。

コロナ・カリーナにも3S-G・4A-Gを積んだ”GT”グレード”はありましが

インプレッサWRXやランエボが出る前の時代ですので
このクラスのハイパワーエンジン搭載モデルは非常にマニア向けのグレードでした。

ですから、オースターもCA18E搭載のXiを

前面に押し出した方がよかったかもしれません。

スポーツ性とかカッコよさを押し出してしまったので、
当時トヨタはカリーナEDという非常に強力な商品がありましたので

実用性無視の4ドア。
スポーツセダンとしての出来はオースターのほうがいいのではないかしらん?

こちらに流れてしまったのではないでしょうか?

購買層のニーズを取り違えてしまったのが
売れなかった原因ではないでしょうか?

と書いてみたのですが
それが理由でしたら

兄弟車のスタンザは

売れても良かったはずですが、これも見事に売れませんでした。

売れなかったのは、以前に記事したS12シルビア300ZRと同じで
当時の日産の販売戦略の失敗じゃないでしょうか?

Facebook Comments

コメントを残す