「ヴィヴィオピストン」タグアーカイブ

ヴィヴィオのエンジンを組み立てますよ


戸田レーシングへクランクシャフトの引き取りに行ってきました

 

クランクの仕様書です

b0bc3a54bb

 

 

戸田レーシングから戻ってきたクランクを組み付けて

ピストン・コンロッドも組み付けました

もうすぐ出来上がりです


ヴィヴィオ シリンダー内径計測


シリンダー内径を計測しました

目視点検したところ
クロスハッチも残っているし状態は悪くないですね。

次に手で触って確認

人間の手は結構敏感ですので偏磨耗していると、すぐにわかります。

軍手をしているのは
凹みを探るときは軍手をしているほうがわかりやすからです。

シリンダーというのは
ピストンリングが当たるところが均等に減るわけではなく
シリンダーの行程の真ん中くらいの排気側が減ります。

なぜ、真ん中あたりが減るかというと
レシプロエンジンの構造上その辺りで
ピストンが強くシリンダー壁に押し付けらるからです。

真ん中くらいと書きましたが
具体的な位置は連桿比やピストン・クランクシャフトのオフセット量に
よって変わりますので
各エンジンの整備解説書の測定位置を確認してください。

なぜ排気側かというと
ヴィヴィオのエンジンは向かって時計周りですので
ピストンが降りていく時に排気側に押し付けられます。
ピストンが降りていく時のほうが燃焼圧力が掛かっているので
強く押されている為というのが、私の推測です。

目視・手による点検が終わったら

シリンダーゲージを使って計測します

整備解説書には6点を計測するように指示してあります。

テーパー度・真円度につても記載がありますので確認します。

さらにヴィヴィオの場合
スタンダードサイズ・ピストンは径に区分1・区分2があります。
どちらのピストンが入っているかは
シリンダーブロックに上のフランジ面に打刻されていますので
確認しておきます。
もっとも、打刻がわからなけらば
ピストンを先に計測すればいいのですが・・・(;´∀`)

シリンダーの数値は、悪くありません。

整備解説書には、室温20℃cで確認とありますので
熱膨張係数を勘案しても悪くありません。
もっとも、換算するより20℃で測ったほうがいいですが
その辺は設備が・・・・アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!

この数値なら、オーバーサイズを使う必要なないですね。
リング交換とホーニングだけして使用します。


ヴィヴィオのピストン・コンロッド組立


オーバーホール&ファインチューンとは関係なのですが

サージタンクを鏡面加工しておきました
p1 (9)

その後に、ピストンとコンロッドを組立
p1 (10)

これで、本体の組立に入れます

このシリーズの先頭記事はコチラ


ピストン重量合わせ・コンロッド重量比合わせ


今回のヴィヴィオのエンジンはプレオピストンを使用します

まず、ピストンの外径計測をしました。

その後に
p1 (2)

ピストンの単体での重量合わせを行った。

ピストンは最終的に本体・リング・ピン・サークリップの合計を合わせます。

今回の計測では誤差は10分の1g以下でした。

併せて機械加工部分のバリ取り・キズの手入れ・ピン穴のラッピングを行いました(*^▽^*)

次はコンロッド

コンロッド大端部の内径計測と正円度の計測を行った。

p1 (3)

この部分の計測は整備解説書に指示はないのですが、クランクピンとの間隙を”計り合わせ”したかったのと、他にもちょっと訳ありでして(^。^;)

コンロッドは側面鏡面加工します
p1 (5)

側面の”ショットブラスト”跡を削ってピカピカにして傷をなくすことに応力を分散させて疲労破壊強度を上げるといわれています。
また、コンロッドは高速で回転しているの空気抵抗も減るのでは?
それと、コンロッドは”ショットピーニング”してあるのもがあるので、そういったコンロッドはやらないほうがいいでしょう。した場合は再加工が必要となります。
側面鏡面加工は今回はオーナーさんより希望があったのでやりましたが、私はメリット・デメリットを考えると、あまりお勧めしません。ただ、2%ほど軽量化できました。

次は大端部と小端部の重量比を揃えます

これがなかなか難しい

ダイヤルゲージのマグネットベースを使ったり、色々と試してみましたが、再現性(何度測っても同じ数値が出るということ)がよくありません。
やはり、加工屋さんに頼んだほうがいいか・・・・・?

以外にも木で作った治具が良好でした
p1 (4)

完了です
p1 (6)

このシリーズの先頭記事はコチラ


ヴィヴィオのピストン・コンロッド組立ですよ


ピストンリングをピストン本体に取り付け、コンロッドとピストンを組み上げました。

ピストン・ピストンリング・ピストンピン・ピストンピンを留めるクリップで、重量計測。

4気筒とも、172.7gでピッタリ揃ってます:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

単体の重量計測はコチラ
http://minkara.carview.co.jp/userid/1539769/blog/27853392/
http://minkara.carview.co.jp/userid/1539769/blog/27925143/

ピストンとコンロッドの組み立て。

フルフロータイプですので、ピンを入れてクリップで留めるだけ