「シリンダーブロック」タグアーカイブ

ヴィヴィオ シリンダーブロック完了ですよ


ヴィヴィオのシンダーブッロク完了です

シリンダーをホーニングして、ネジ穴は全て手入れしました。

フランジ面も砥石を掛けてあります

で、機械加工してる部分の

バリ取りを行いました

あと、砂落としもやっておきます

仔細に見ると、こんな感じで表面がおかしいところがあります

これは、鋳造時に砂型の状態が良くなかったところです。

こういったところは、砂が残っている可能性があるので、手入れしておきます。

最後にマジックリンで洗浄します

防錆にCRCが吹いてあるので、切子が油で纏わり付いてエアブローしただけでは落ちません。それでは、何のためにバリ取り・砂落としをしたのか分からなくなったしまいます。
マジックリンで油を落とし、水で流します。

オイルライン・ウォーターギャラリーもよく水で流します。

その後、よくエアブローして、防錆の為にもう1度CRCを吹いておきます


ヴィヴィオ シリンダーブロック塗装


ヴィヴィオのシリンダーブロックを塗装しました

新色です!

”欲情の赤紫”

赤紫とつけたけど、青が効いていません・・・・・

この染料、もう少し研究が必要です

ブロックを塗装したあとに
ブラケットやノックセンサーの取り付け部分の塗膜を剥がしておきます。

ノックセンサーのところは特に重要です。

マスキングするより、この方が早いです。

あと、ピストンのチェック

今回の腰下に入っていたピストンは

それほど磨耗した感じもないですが、
なぜかあまり数値がよくありません。

それにこのピストンは、今までのピストンに比べて1gほど軽いです。

ヴィヴィオのエンジンは、過去にバラしたものの記録をみると重量は割に揃っています。

寸法より重量はを優先しているのかな?

手持ちのピストンで数値のいいものと交換します

なぜかピストンがいっぱい


プレオの腰下を使います


今回のエンジンは、オーナーさんが持ち込まれたプレオの腰下を使います。

現在、製作中のシリンダーヘッドと

組み合わせる腰下なのですが、

ブッロク・クランクシャフトは以前に分解した
私のスットク・エンジンを使う予定です。

このエンジンのクランクシャフト・シリンダーブロックは程度が良かった。
76b1c9b824
シリンダーの計測したところ摩耗も少ないようですので、ボーリング無しでSTDサイズのピストンを使って組むことにしました。

そこで、今日分解したプレオのピストンを使おうと思いますが、プレオのピストンはLFピストンと呼ばれるピストンなのですが、スバルWebコミニュティの説明を読むと、例え摩耗がなくてもヴィヴィオのシリンダーにそのまま使えるかどうか疑問が残ります。

このシリーズの先頭記事はコチラ
前の記事はコチラ