「クランクダナミックバランス」タグアーカイブ

バランス取りはプラシーボ効果!?


スットクしているNAヴィヴィオのエンジンを掛けてみると

どうも、RX-Rに比べて

エンジンの回り方ががさつだな(#´Д`)

NAのEN07Eだからなのか?

それとも2台とも程度が悪いのか?

しかし、2台とも走行距離は少ないし、オイル管理も悪く無そうだ。

やはり、RX-Rのエンジンは、それなりに手を掛けているので効果が出いているのか?

私にとっては、このエンジンは基準になっているからな。

この2台のエンジンも組みなおしてやろう!!

もともとはRX-Rの箱換えに使う予定だったのだが、NAヴィヴィオというのは、RX-Rとは違う魅力があるのだ。

だから、ファインチューンする価値がある。

それに、エンジンをきっちり組みなおした車は魅力があるのだ。

同系列の馬力のあるエンジンに載せ換えるのは

手っ取り早いし、わかりやすい。

このOHC2バルブのミラ・バンにDOHC4バルブターボのエンジンをブチ込んだクルマはオーナーさんも非常に気にっている

過去には1.6リッターの2T-Gを2リッターにして乗っていたこともある。
そりゃ、見違えるほどパワーがでましたよ。
これはこれで面白いことだ。

ところで私がやっている”ファインチューン”に、プラシーボ効果とか自己満足とかほざいているヤツがいるのは知っているが、そいつはファインチューンしたエンジンに乗ったことがあるのだろうか?
私はエンジン載せ換えや排気量アップしたクルマを作って乗ったことがある。
だから、その効果の大きさも知っている。
その上で各部の仕上げ・組み付けに拘っているのだ。
そこには違った面白さがあるから。
それに、それは同時にやることだって出来るのだ。

それでは、ファインチューンの面白さとはなんだろうか?

メカデザイナーのカトキハジメ氏がおもしろいこといっていた

カトキ氏はミニカーが好きでコレクションしてるらしいのだが
同じミニカーのカーNo違いやGP違いを集めてならべるのが好きらしい。

私も、この気持ちわかります。

ガンダムでいえば、ファーストガンダムからGPシリーズ・Z・ZZと順に並べるのではなく

RX78-1~3までを並べる。

ミニカーで言えば、ラリー車とF1だったらアホが見ても違いがわかる。

そこをある車の、カーNo違い・グランプリ違いをコレクションする。

わかるヤツだけわかればいい。

こういった楽しみ方が好きだと。

NAのヴィヴィオをファインチューンするのは、こう云うことだ。

 


ヴィヴィオのエンジンを組み立てますよ


戸田レーシングへクランクシャフトの引き取りに行ってきました

 

クランクの仕様書です

b0bc3a54bb

 

 

戸田レーシングから戻ってきたクランクを組み付けて

ピストン・コンロッドも組み付けました

もうすぐ出来上がりです


ヴィヴィオ クランクシャフトを戸田レーシングへ


ヴィヴィオのエンジンオーバーホールです


ピストン・コンロッド組み立てました。

クランクシャフト一式を

戸田レーシングへ持っていきました

一体バランスを取ってもらいます

それと、たまには自分車もメンテンス

ブレーキローターの交換

それと、RX-RAのエンジンのバラシに掛かっていきます

このエンジン、なんかいい具合のスタンドが付いています

こんな感じ

整備解説書の載っているいる絵と酷似しています

純正品のようです

品番も入っています

整備解説書の品番とも一致


戸田レーシングさんへクランクを持っていきます


今日はEJ20のクランクを

プーリー・タイベルスプロケ・シャフト・フライホイール・クラッチカバー一体でダイナミックバランスを取ってもらうために戸田レーシングさんへ行ってきました

戸田レーシングさんは眺めいいところにある

受付

今日は天気が良かったので、行き帰りの道中はいいドライブでした

このシリーズの先頭記事はコチラ


ヴィヴィオクランクダイナミックバランス


ピストンとコンロッドを分離しました
952b38eff0

それと

ヴィヴィオのクランクがご帰宅しました(*´▽`*)

JUN MACHINE SHOPに

クランクプーリー・タイミングベルトスプロケット・クランクシャフト・フライホイール・クラッチカバー一体でバランス取りに出していました。

これがバランス修正されたところです

さぁ、気合入れて組み上げますか!!

 

 

 
このシリーズの先頭記事はコチラ


クランク・シャフトバランス取り


加工屋さんから、金曜日くらいにクランクのバランス取りが出来上がると連絡がありました。
http://minkara.carview.co.jp/userid/1539769/blog/27769349/

「少し”振れ”が出ていたので、修正しておきました」とのこと。

4気筒のあんな小さなクランク・シャフトでも”振れ”がでるの(゜-゜)

じゃ、すご~く長い直列6気筒のクランク・シャフトなんかすごいことになっているんじゃない>゜))))彡

でも、ふっ、と思ったのだけどバランスのいい直列6気筒で、バランス取りしたら、すんげぇ気持ちのいいエンジンになるんじゃないかな。

別に、チューニングしてパワーを出さなくてもいいよ。

私の友人がいつもいっているのだけど

”当たりエンジン”のようなエンジンにするってこと。

トヨタの1GーGEUなんかいいじゃないかな。

左のやつね。右は5M-G。


これで、やってみたいねヽ(^。^)ノ

私のなかでは、1G-Gと4バルブの4A-Gは名器中の名器になっているから。
あと、ホンダのZCと。

もっと、高性能なエンジンはあるだろうけど、この3つは私のベスト3エンジン

そりゃ、後発の1JZ/2JZの方が出来はいいし、2リッターの6気筒は絶対的にトルクが足りないとか言われるけど、私は1G-Gが好きだな(^。^)

以前に違うところで書いたけど、それは、”憧れ”だから。
http://minkara.carview.co.jp/userid/1539769/blog/27905698/

そうなってくると、車はこれがいい

GA61 セリカXX!

この車で、毎日、エンジンを掛けるのが楽しみになるような車を創りたい。

何時か、やりますよ!!

 

いつかはこない(;´∀`)


クランク・シャフトのバランス取り


加工屋さんに行ってきましたが、バランス取りはまだ出来ていませんでした。

ところで私が、なんでクランク・シャフトバランス取りのこだわるか(^。^)

 

過給機付のヴィヴィオの場合、パワーをあげたいならブースト圧を上げたほうが手っ取り速い。

自然吸気のロードスターにしたって、レギュレーションで改造範囲が決められているレース等ならともかく、パワーだけを考えたらコストパフォーマンスは高いといえないでしょう(^_^;)。

じゃ、なんで私がクランクのバランス取りをするか?

自分の車を”ウルフ・カウンタック”のようにしたい。 というのがあります。

ウルフ・カウンタックを知らない方もみえると思いますので、ちょっとだけ、ウルフ・カウンタックについて説明しときます。

ウルフ・カウンタックとはカナダの石油王といわれた”ウォルター・ウルフ”氏がランボルギーニ社に特注で造らせたスペシャル・カウンタックです。

ウルフ・カウンタックのエンジンは、プロトタイプの5000ccのエンジンが積まれたといわれています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF

そのエンジンを、ダラーラが手がけた。

その後、ウルフのスペシャル・カウンタックはあと2台制作(合計3台)され、その都度エンジンは換装されていった。

通説はそうなっています。

1号車は、日本のあるようで、以前雑誌(どの雑誌かは忘れてしまいました)で試乗記が載っていました。
現在はエンジンはLP400のものが載っているそうです。

その試乗記によると、そのエンジンはずいぶんと調子がいいとのことです。
私の記憶違いかもしれませんが、カムも特別のものが入っている。

今までにこんにな調子にいいLP400に乗ったことはないとありました。

その雑誌のライターと当時のオーナーが考えるには、実は最初からこのエンジンだったのではないかと。
大体、プロトタイプのエンジンは熱の問題が解決できずに生産型には採用されなかった。そんなものを積むのは無理がある。

だから、生産型のエンジンをダラーラがファインチューンしたものを積んだそれが事実だはないかとのことでした。

まぁ、雑誌は面白おかしい記事を作らないといけないので、鵜呑みにするつもりはありませんが、ウルフ・カウンタックはイオタと並んでミステリアスな存在ですので、上記の話は真実かもしれません。

私の中では、この話を真実ということしておきます。

つまり、自分の車のエンジンも徹底的にファインチューンしたい。

これが1つ目の理由です。

2つ目は、西風氏の「GT roman」です。

 

GTロマン
1 (ヤングジャンプコミックス)/集英社

 

¥480

 

Amazon.co.jp

このヤングジャンプ版の6巻のお話しで、イヤミな奴のスーパー7をマーコス・ミニでやっつけるという話がありました。

その1コマ

ここで、初めてクランクのバランス取りというものを知りました。

ぜひ、こんな車に乗りたい!>゜))))彡

がちょう 若干二十歳!思いましたね<(`^´)>

それで、1台目のロードスターに施したのです。

これが、メチャクチャ良かった!!!!

また、いつかやりたと思い続けてきました。

やっと、着手しました(^。^)


加工屋さんに部品を持っていきました


 

 

京都市伏見区にある”酒井工作所”さん

今回の作業の目玉は(0)、

クランクプーリー・タイミングベルトスプロケット・クランクシャフト・フライホール・クラッチカバーの

一体バランス取り。

まぁ、行ってお話して見積もりもらっただけです。

また、これといって見どころのない記事になりました(゜-゜)

関係ないですけど、BMWのシリンダーヘッドがありました。

ブレててよく分からなですね(^_^;)。

4気筒のDOHCなので、初代M3かなと思ったのですが、違うそうです。

写真はブレてよくわからですが、国産とは雰囲気が違います。
作りが凝ってます。

流石、BMW。

このシリーズの先頭記事はコチラ
続きはコチラ