「カムシャフト」タグアーカイブ

カムシャフト 作用角計測!!


先日、お話した

ヴィヴィオのカムシャフトの計測を行いました

計測したのは

RX-R A型

RX-R B型

RX-SS(E型)

になります。

A型は作用角が大きいと巷で言われていますので確認します

分度器をセットする前にピストンの上死点をダイヤルゲージで確認します

タイベル交換や点火時期点検に使う合いマークではアバウトですのでダイヤルで確認します

分度器をクランク取り付けて
ダイヤルをバルブリフターにセットして計測

まず、B型とRX-SSは、作用角・スケジュール・リフト量、同じです。

同じものと考えていいでしょう。

気になるA型ですが
IN・EX共に作用角が12度大きかったです!!!

 

 

 

. *  うそです   +
.      ∧_∧ _∧
. +  (* ´∀`)´∀`)
.   n/    \n  \n
.  (((ヨ  )   ノ\E) ノ\E)))
.     (_⌒ヽ ⌒ヽ
.      ヽ ヘ } ヘ }
.  ε≡Ξ ノノ `Jノ `J

本日、計測したカムシャフトは

全て同じでした!!

A型はハイカムはやはり都市伝説でした。

しかし、本当に出始めの数十台は違う!
という話もきいたこともあります。
都市伝説の謎はなかなか解けません

詳しい作用角・バルブスケジュールは、ここには書きませんので
オフ会等で私をみかけたらお尋ねください


ヴィヴィオに纏わる都市伝説!!


ヴィヴィオのカムシャフトがいっぱい!!

左から、

知人から借りたRX-R A型

以前にオーバーホールしてエンジンに使った
RX-SSのシンンダーヘッドに付いていたカムシャフト

今回のコアにしているRX-R B型

A型のカムシャフトは作用角・プロフィールが違う!!

そういった”都市伝説”があるので、実測してみます。

ロードスターの整備解説書は
作用角もバルブスケジュールも載っているのですが、
ヴィヴィオは載ってません!!

 
実は新型車解説書には書いてあります

計測するのはタペット調整の時点ですので、もうすこしあとです

もっとも、知らないほうがいいこともあるかもしれませんよ

ところで、カムシャフトのバリ取り・ラッピング・ゼロバックラッシュギヤの手入れを行いました


ロードスター BP-ZEカムシャフト手入れ


ロードスターのシリンダーヘッドの進捗状況です

ヘッド本体は、加工屋さんに持っいきました

今回は1mm、面研します。

1mm面研すると計算上は、圧縮比が9.6~9.7になります。

ノーマルが9.0ですから、まぁまぁじゃないですかね。

帰ってきたら、バルブを組み付けて
燃焼室の容積を確認して終わりです。

そうすれば、あとは載せるだけヽ(*´з`*)ノ

それと、カムシャフトを加工しました。

”面取り”です

 

その後、ジャナール部分をラッピングしました

まずは、スプロケットを外します
これ、インテークとエキゾーストは全く同じものです。

取り付ける位置を替えてつかいます。

では、作業に入ります。

ラッピングする前に計測します

マイクロメーターにて、4点程測り、新円度を確認します。

ラッピングして新円度が下がったら
なにをしているのか分かりません( ̄▽ ̄;)

デジタルノギスでも、0.01mmまで測れますが、
マイクロメーターの方が正確ですし、慣れてくれば目盛間も読めます。

しかし、マイクロメーターは使うには、それなりにコツがあります。

計測後、こんな感じでピカールを塗って磨いていきます。

もちろん両手でやるのですよ(^_^;)

写真を撮るために片手で押さえているだけです。

before

after

写真では、あんまりわからないですね

でも、ジャーナルのザラザラはオイルを保持しているので
ここを磨いたらオイル管理はシビアになります

ジャーナル径は、マイクロで測れる範囲では変化はありませんでした。

人間の力で、ピカールで磨いているだけですからね。

そんなことで、変化していたらエンジン、すぐにぶっ壊れます