10万円で買った車に30万円掛ける


”10万円で買った車に30万円掛ける”

これは、私のことではありません。

先日、本屋さんで立ち読みしたロードスター本に書いてあったことです。

ネット・オークションで10万円で買ったNAロードスターを30万円掛けて直したそうです。

因みに、私のヴィヴィオはそんなもんじゃ、ありません。

車検2年付きで、10万円で買って、ワゴンRのベーシックグレードが新車で、買えるほどお金を掛けています。

クランクシャフトのバランス取り以外の作業は、自分でやっていますので、業者に頼んでいたらそんなもんでは、つきません。

私に、言わせていただけば,
10万円で買った車に30万円かけたら、それは40万円の価値がある車ということです。

でも、この本にはそんなニュアンスでは、書かれていませんでした。

市場価値10万円の車に30万円も掛けるのは酔狂なことだと、言いたげでした。

車に掛ける費用は、車両価格を超えてはいけないと、いつの間にか思っていると言えます。

要するに、10万円で買った車は,自分が乗れば、さらに値落ちして、10万円以上では売れないから、金掛けてもしょうがない、といった発想です。

それは、資本主義の欲望を喚起して、次々と新しいものを消費させられるというシステムに毒されているといえるでしょう。

自分が、どんな車に乗りたいかより、いくらで売れるかに主眼が置かれています。

自分がNAロードスターが好きで、好きで堪らないというのであれば、30万円でも、50万円でも、100万円でも掛ければいいことです。

私は、市場価値より自分自身の価値感に重きを、おきたいと考えます。

Facebook Comments

コメントを残す