ロードスター ヘッドカバーとサージタンクを磨きます


ヘッドをバラしたついでに

ヘッドカバーとサージタンクを磨いておきましょう!!

 

まずは120番くらいでザっと磨きましょう

5c1428f1e7

 

 

 

大分磨けてきました
最初にグラインダーで文字を削り飛ばしたので
グラインダーの傷がなかなか消えません( ̄▽ ̄;)

アルミの鋳肌を磨くくらいなら
あんまり粗いものは使わないほうがいいようですね。

本日、グラインダーにフェルトバフを付けて研磨剤で磨きました。
あとは細かいところを電動ドリルのバフで磨きます。


サージタンクも似たような状態です。

サージタンクは組み上げたら見えなくなるところは磨きません( *`ω´)

そこまで、やっているとこれも終わりません。

今回は、シリンダーヘッドの修理がメインでヘッドカバーとサージタンクの磨きは、おまけでやっているだけなので、こんなもんでやめておきます。

サージタンクはともかくヘッドカバーは、何時でもやり直せるしね

Facebook Comments

コメントを残す