インプレッサWRXのクランクシャフト


EJ20のクランクシャフトを抜き取りました

次は洗浄して部品の計測・点検です

これが92Φもあるピストン

水平対向はピストンの下側が減るという都市伝説がある

.             ∧..∧
.           . (´・ω・`) <都市伝説ではないと思う
.           cく_>ycく__)
.           (___,,_,,___,,_)  ∬
.          彡※※※※ミ 旦
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.   \ どっ!!  /   \ ワハハ! /
.     \     /      \    ∞
. l|||||||||||||| ∩,,∩ ∩,,∩  ∩,,∩ ミ∩ハ∩彡パチパチ
.   (,    )(,,    )    ,,)(    )(    )

実際はどうか?

このエンジンはすこぶるオイル管理はよかったのですが

若干擦れたあとがある(2番シリンダー)

でも、これは上側です

下側

殆ど擦れ跡はない!!

水平対向は左バンクの上側が減る!

エンジンを掛けると時の、いわゆる”ドライスタート”のときにピストンが擦れる。
そうすると、下側はオイルが溜まっているので大丈夫ですが、
上側はオイル切れを起こしてしまう。

エンジンは向かって時計周りなので、左の上側がシリンダーウォールに押し付けらて磨耗するという理屈です。

前回の記事はコチラ
このシリーズの先頭記事はコチラ

Facebook Comments

コメントを残す