「ヴィヴィオ保存会ブログ」カテゴリーアーカイブ

ヴィヴィオ保存会のブログです。エンジンのオーバーホール等の記事です

シフトフィールとはなんだろう?


私が同時に所有したことのある2台の車を乗り比べて、シフトフィールついて考えたいと思います。

 

車関係のサイトでは、シフトフィールが悪いといわれるヴィヴィオ

横積トランスアクスルのマニュアル5段

 

シフトフィールがいいといわれるロードスター(・∀・)


縦積トランスミッションの5段マニュアル

まず、この2台どっちがシフトフィールがいいかというと、

ヴィヴィオのほうがいいヾ(@°▽°@)ノ

ロードスターの方がいいと一般的にいわれているから、ロードスターにしたら話が続かないからね(^o^;)。

ヴィヴィオが”シフトフィールが悪い”といわれる理由は、遊びが多いというか、各ギヤに位置に入れてもシフトレバーがグニャグニャと動くことに起因しているようです。

でも、わたしは今のヴィヴィオは乗って5年程ですが、ヴィヴィオは3台乗り継いでいて、ヴィヴィオに10年以上乗っています。

身体が各ギアの位置を覚えていますので、シフトレバーを無駄に動かすことがありません。

ロッドのリモコン式ですが、遊びに惑わされずにシフトできますので、スリーブとギヤが”カチっ”と嵌合する感じがします。

私は、この”カチッ”とした感じがシフトフィールの良さだと考えます。

ロードスターはシフトのストロークは短いです。

このストロークに短さが”シフトフィールの良さ”ようにいわれているような気がします。

私は”シフトストロークの長さ”と”シフトフィールの良さ”は関係ないと考えます。

シフトストロークが短いことがスポーツカーのようにいう人もいますが、

ロードスターは縦積みのミッションのうえ、着座位置が低いので短くならざるえないわけです。

ロードスターに限らず古典的スポーツカーは皆そうだと思います。

つまり、シフトストロークが短いのは、結果としてそうなっただけであって、
シフトフィールの良さやスポーツカーらしさを演出するためではない訳です。

また、ギヤを入れた時のシフトレバーの角度がきつくて手に馴染みません。

なにより、シフトが入る時のカチッという感じがありません。

重いせいもあってか、ゴクっといた感じです。

 

また、シフトフィールというとミッション等、シフト周りばかり考えてしましますが、エンジンも重要だと思います。

ヴィヴィオのエンジンは音・レスポンス・吹き上がり・トルク感等、非常に刺激的です。

ロードスターのエンジンは、いかにも乗用車的で乗りやすいのですが、平凡です。

ブリッピングをしてシフトダウンしていく時、ヴィヴィオのエンジンはかなり刺激的な音とレスポンスです。

シフトダウンという行為自体が気持ちいい。

その点でも、ヴィヴィオの方がシフトすることに歓びがあるといえます。

以上が、私がヴィヴィオの方がシフトフィールがよいという理由です。

ロードスターを悪く書いてしましましたが、ロードスターが悪い車といいたい訳ではありません。
ロードスターも気に入ってますし、いい車だと思っています。

 

ロードスターを悪く書いたのは自分への反省です。

今のNA8Cは私にとっては2台目のロードスターです。

1台目は91年にNA6CEを新車にて購入しました。

この当時、ロードスターは大人気で、自動車雑誌等ではべた褒めでした。

・本物のライトウェイトスポーツだ。

・ブレーキが秀逸だ。

 

・シフトフィールがいい。これぞスポーツカーだ。

・エンジンは非力だが、可変機構をもたず自然な感じがいい。

・・・・・・etc。

実際のとこNA6CEはブレーキの前後バランスが悪くてリアが効きませんでした。

ブレーキの容量も大きくないところに、前2輪だけ止まっているわけですからブレーキは効きません。、(初心者が乗ってもスピンしないようにしたのだと思いますが、やりずぎです。)。

ブレーキはNA8Cで変わります。

エンジンもNBで可変機構が付きます。

”時代の流れ”という人もいますが、”時代の流れ”というのであれば、乗り遅れています。

NA6が出た頃には、他メーカーのスポーツモデルではNVCSやVTEC等が存在したわけですし、

それをあえて使わなかったとNAデビュー当時はいっていたのですが、
実際はコストや技術的な問題だったと思われます。

そもそも、”可変機構がない=自然な感じ=スポーツカー”という理屈が理解できません。

当時の私は雑誌や人のいうことを、鵜呑みにしてロードスターの長所も短所も自分で考えていませんでした。

これでは、その車の本当の楽しさなど分かる訳がありませんし、自分にあったモデファイもできません。

 

 


ヴィヴィオの名前の由来は?


車好きなら誰もがみんな知っているヾ(@°▽°@)ノ

スバル360

てんとう虫の愛称で親しまれました

 

そして、メーカー自らが

”NEWてんとう虫”

を名乗った スバルR1

 

CMでも初代てんとう虫と共演しています。

さて、前ふりここまでにして、

 

”ヴィヴィオ”のネーミングですが、

この新型車解説書によると

「VIVID:”鮮やかな”からの造語 」となっております。

なんか、よくわからない理由ですねσ(^_^;)。

なんで、”D”が”O”になったかもよくわかりません。

 


ネット上の噂では、”660”をローマ数字に置き換えて

”VIVIO”

ローマ数字には0がないのでそのままアラビア数字です。

1990年に軽自動車が660ccに規格改定され際、スバルも含め全メーカーとも、その前の550ccのころの車体をアップデートして使っていたわけですよ。

そして、全メーカーの中で初めて660cc規格専用の車”ヴィヴィオ”がデビューしたんです。

だから、栄誉ある”660”=”VIVIO”の名前が与えられた。と。(´0ノ`*)

こちらのほうがもっともらしいですね。

 

私の説はこうです。

80年代末、世の中はバブル景気等もあり、自動車メーカー各社は売り上げをのばしていた時代です。

その中で、スバルだけが倒産の噂まであった。

そして、スバルは社運を掛け”レガシィ”をデビューさせた。

みなさん、ご存知のように大ヒット(=⌒▽⌒=)

スバルは息を吹き返しました。

 

そして、スバル復活の第2段として軽自動車のレクッスもフルモデルチェンジ!

その新型車には、スバル復活の狼煙として、

スバルで初めての量産4輪車”スバル360”の銘を与えたo(^▽^)o。

しかし、軽自動車の規格は660ccになっていたので、

 

その名は”スバル660”

しかし、これではあまりにもベタなので、”660”=”VIVIO”になった.

これが、私の説です。


スズキ マイティボーイ シリンダーヘッド オーバーホール


去年の末くらいから話はあったのですが、6月17日の日曜日に、
”ロフト カフェ”のマスターの愛車のマー坊のシリンダーヘッドを成り行きから、
オーバーホールすることになった



〒520-1401
滋賀県 高島市 朽木 市場 45-1

tel/fax 0740-38-3876

とりあえず、オイルが下がるというので、ステムシールは変える。
清掃とバルブ摺合せはやるとして、どこまで仕上げるか成り行きだ。
ヘッドはその気になればやることはいっぱいあるからね。

自分のヴィヴィオやロードスター・インパルスもやることだらけですけど、マー坊くんのお世話をしてあげましょう。

朝からいると思いますので、近くの方はお時間があったら手伝い遊びに来てください