「その他・総合」カテゴリーアーカイブ

色々

価値基準は人それぞれ・・・・


ネットを徘徊していたら面白い記事を見つけました

NAロードスター・オーナーの方のようで

”ロードスターを降りる人が気に入らない”

という内容でした。

ロードスターを降りる全ての人が気に入らないという訳ではなく
長く乗る・一生乗るとか言っておいて降りる人が
気に入らないというようなことです。

まぁ、もっともなご意見だとも言えます。

私も二台目のロードスターは、長く乗るようなことを言っていて
あっさり手放しました。
この方からしたら、私も気に入らない存在でしょう。

人には色々と事情があるのです。
しかし、この方からしたら、それはいい訳だそうです。

でも、彼女もいない独身時代と結婚して子供もいるような状況では
価値観も違ってくるでしょう。
ロードスターもいいが、ミニバンに乗って家族で出かけるのも楽しい。

私の場合は、ヴィヴィオの方が断然・・・・・

.   / ̄ ̄\
. /   _ノ  \
. |   ( ●)(●) <おっと、それ以上は言うなよ…
.. |     (__人__)____
.  |     ` ⌒/ ─’ ’ー\
..  |       /( ○)  (○)\
..  ヽ     /  ⌒(n_人__)⌒ \
.   ヽ   |、    (  ヨ    |
.   /    `ー─-  厂   /
.   |   、 _   __,,/     \

さて、他にも、この方は同じ車で程度のいいものに
乗り換えるのも嫌だそうです。

ヴィヴィオのボディが錆てきたので
箱換えすると言っている私は
この方からしたら軽薄極まりなくみえるでしょう。

この方は、ボディが錆てきても直して乗るそうです。
エンスージアスティックな考え方です

それもいいでしょう。
そういった楽しみ方もあるでしょう。

直すのも自由

同じ車で程度のいいものに替えるのも自由

まったく違う車に替えるのも自由

物差しは1つではないのす。

楽しみ方は人それぞれ。

それについて色々というとは

お若うございますな


ソリッドカラーも悪くないですよ


現在、キープしているヴィヴィオのうち2台は

塗装の痛みが激しいので、オールペイントをする予定です

塗る色を色々と考えていたのですが

例えば、今乗っているRX-Rは

WRブルーマイカになっています。

やはり、塗るならパールやメタリックがいい!

パールやメタリックはフリップフロップもあるし、深みもでる。

しかし、ソリッドはそんなにダメなのだろうか?

先日、見たポルシェターボの奥にあるナローのポルシェは、

ソリッドだけど非常にカッコいい

プジョー106の

ソリッドブルーも非常にカッコいい!!

また、以前にロードスターに塗った

オリジナルカラー

”ウルトラマリンブルー”もしくは”さぶの青”


写真はご本人のページよりお借りしました

これは、バイオレットのパールを入れてフリップフロップを出していますが、これは副次的もので、この色の本質は、ソリッドカラーに階層を与えることで”深み”と”彩度”を両立できないかという試みだったのです。

それは、現車を見ていただくと分かりますが、上手くできたと自負しております。

ですから、ヴィヴィオは、この技法を使ってパールを使わずに塗ってみる予定です


今時の車ってどうですか?


ベストカープラスを読んでいたら

ベストカープラス 2014年 10/18号 [雑誌]/講談社

¥490
Amazon.co.jp

BDファミリアのことが

「ワイドトレッド、ウエッジシェイプのプロポーションは
いまでも十分に通用しそうだ。」

と書いてありました。

BDファミリアは確かにカッコいい!!

あと、ピアッツァや

117クーペなども

雑誌等で「今でも通用しそうなデザイン」といわれますが

今時のクルマって
そんなに
カッコいいですか?


別にフィットやフリードが、カッコ悪いというわけじゃないですよ(;´∀`)

スペースの効率ばかり考えてむだに広い。
スタイリングなどの二の次・・・

テクノロジーは時代を経れば”進歩”しますが
デザインはそうでもないと思います。

新しい素材や加工技術の進歩で、新しい処理はあるかもしれませんが、それがカッコよさに繋がるかどうかはデザイン次第だと思います。


壊れたら直せばいいのだろうか?


以前に
走行距離40万km走っている
GC8インプレッサの話を聴いたことがあります。

すごいですね。

エンジン・ミッションも壊してはいないそうです。

車って、大切に乗れば、こんなに乗れるのですね!!

私のヴィヴィオも20万km超えましたが、まだまだですね。

それに、エンジンは1度オーバーホールしています。

私は、今までも車は30万kmでも、40万kmでも乗れると考えていました。

でも、それは大掛かりなオーバーホールを前提に考えていたんです

私は車の扱いは、結構、雑です


(西風氏 GTロマンより)

「壊れたら直せばいい」という考え方だったのです。

でも、このインプレッサのお話を聞いて、それって長く乗っているといえるのかな?って思えてきました。

大掛かりなオーバーホールをして作り直しているのですから。

30万kmでも、40万kmでも乗れるといいながら、オーバーホールは必要を考えていたということは、工場出荷状態では、それは無理だと考えていたわけです。

今回、このインプレッサの存在を知って、車との付き合い方に関する考えを、根底からゆるがされました


単車とロードスター


ロードスター手放したので

次のセカンドカーはなんにしようか考えていました

MR2

サバンナRX-7

それともまたもや
NAロードスター

などと、最初は色々と考えていたのですが、

最近は、バイクのことばかり、考えています

取り敢えず、インパルスを直そう

グースもある

こんなのや

こんなのも欲しい

元々、前のNAロードスターは、
7台あったバイクのうち5台を売って購入しました。

ロードスターに乗っているうちにインパルスが故障し、車検も切れて放置状態になりました。

ロードスターとバイクってなんか共通するものがあるように思うんですよ。

ですから、ロードスターがあったときは、インパルスを直そうというモチベーションが湧きませんでした(^_^;)

ロードスター乗りってバイク乗りが、多いような気もしますしね。

ロードスターがあったときは、
それほどバイクのことを考えていませんでしたから。

なんなでしょうね。この気持ちは・・・(^_^;)


だから私は嫌われる!!


以前に工具のことについて触れました。

その時にスナップオンの工具は素晴いとコメント頂きました

私はスナップオンは使ったことがないのでなんとも言えませんが・・・

ヴィヴィオのキー( ゚皿゚)。

と、言って差し上げたいのですが

ガスタービンのメンテナンスの仕事をしていた時は

一般工具は
全てスナップオンでした。

私がいた施設の機械は東芝製でした。
東芝の機械は本体はGE製ですので、その都合でしょう。
(写真のローターは私が見ていた機械ではありません。
感じからして多分三菱重工製でしょう)

もっとも、私はQC班(品質管理)でしたので
分解・組立はしていなかったのですが、
それでも、計測のための分解・組立をしますし、
自分の仕事が落ち着いているときは別の班を手伝ったりするので
それになりに使いました。

スナップオンへの私の印象は

”噂ほどではないわ”

確かに、いいものですよ

でも、KTCと比べて、

それほどの優位性は感じませんでした

更に、これは私個人の印象ですが、

作りがゴツくて日本人の手に馴染まない。
KTCの方が使いやすい。

ですから、スナップオンを過剰に褒める人がいますが、

私からすると単なるブランド信仰ですね。

スナップオンは、使った印象は確かにいいものですし予算のある方で好きな方は使えばいいと思います。

”ブランド”というのは、ある意味で物語を買うことでもありますから。
”所有する喜び”というやつです

でも、巷でいうように国産品を遥かに凌駕するというのは頂けませんね。

あと、”永久保証”と言いますがググってみると色々わかります


保守的だな・・・・


マツダのRX-Rのムック本を貰った

“RX-7 OWNER’S BOOK”
名前の通りRX-7オーナーのための内容になっている。
RX-7といってもFC/FDのみ

内容はなかなか濃いですね!?

結構突っ込んだメンテナンスから開発物語など
なかなか面白い

ところでFCの前期型にはこんなグレードがありました

”GT”

最廉価グレードです。

最廉価といってFCは基本的にエンジン・足回りは全グレード共通ですので
装備が簡略化されているだけです。

こういった基本グレードは私は好きです

で、このGTは何がすごかって

パワーステアリングが付いていない!!

もっともこの年代はまだパワステレスは珍しくなかったのですが・・・(^_^;)

RX-7というと

私はFC3Sの後期型が

1番好きですね

皆さんはどうですか?

ところで、RX-7というクルマはすごく保守的な車だと思います。

最近は政治の場面で”保守”といわれる人たちが
「日本は変わらなといけない」などと、トンチンカンなことをいっているので
”保守”という言葉が意味不明になっていますが
”保守”というは現状を肯定する姿勢ですよ。

それならRX-7はモデルチェンジの度に進化してきたのでだから
”保守”ではないだろうという方もみえると思いますが

RX-7は初代のSA22Cから

最後のFD3SのスピリットRまで

RX-7であり続けたと思うんです。

技術的なことは年次進化するのでモデルチェンジしていくのですが
基本の思想というかスポーツカーであり続けたいという想いは変わっていない!

ライバルたちがラグジュアリー路線に走ってたら豪華装備のグレード設定をしてお茶を濁していました

私が以前に乗っていたロードスターも

NA

NB

NC

まで”ロードスター”であり続けている!!

マツダのこういった拘りはいいなぁと思うんです。

もっともRX-7無くなちゃいましたけど・・・(^_^;


廃車だな!ヤダヤダ。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。ウァァァン


廃車にするのがベストですね という記事でお話した知人が
私のことをブツクサ言っているらしい

「あのヤロー(`・ω・´)。
あんな物言いしやがって!
あんな言い方したら誰でも引くぞ!」

と旨のこと言っているようです

言いたきゃ言えばいいです(σ’д`)ベーダ

他にも
「エンジンがブッ壊れたら会長さんに相談したらいいですね(*´▽`*)」と軽々しくいってきた輩がいので
「エンジン逝ったら廃車じゃないの?」と返したところ
あからさまに嫌な顔をされたこともあります。

でもはっきり言ってこの程度のことで怒ったり落ち込んだりしているなら、
10年10万km超えた車なんか乗らない方がいい!

私だっていきなり自分で手入れできた訳じゃないです。

18歳の頃に買ったTA61カリーナ

買った時に既に10年落ち!

クルマ屋のオヤジから

「こんな車買ってどうするんだ?廃車にするしか道はないぞ!」

と言われた。

このオヤジに2T-Gを2リッターにするにはどうしたらいいかときたら

「1600ccの2T-Gが2000ccなる訳ないだろ!( ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ
2000ccの車がいいなら新型セリカにでも乗り換えろ!」

 

それで私はCARBOY誌やAM誌等で調べて
トライ&エラーでやってみたのです。

今から考えれば
一般の整備工場でチューニングに関して訊くなんて
世間知らずもいいとこです。

他にも1台目のロードスターを

手放したあとはハチロクレビンに乗っていたけど

当初は70カローラに

4A-Gをブッ込んで乗るつもりでした(ハチロクが安く見つかったので結局ハチロクにしましたが。

それで、当時はネットオークションなんてありませんから
70カローラを探して近所の車屋を探しあるいていました
(商品車ではなく下取り車で入っていないかを探していました)。

ある車屋では

「70カローラ!?そんなもん買ってどうする気だ?」

と吐き捨てるよう言われたので

「どうするって( ゚Д゚)ハァ?そりゃ乗るに決まってるだろ!
車屋のくせに車の使い道もしらんのか”(((( ´,,_ゝ`)))) ププッ プルプルッ”」

 

「 ヽ(`Д´#)ノ ムッカー!!帰れよ!」

ってこともありました
(TA61を買った頃と違いこの頃には図太くなってきていました)。

彼らはわかっていないようですが、
私が言われてきたことは私が彼らに言ったことの比じゃないですよ。

社会通念・産業構造から外れたことをしたいなら
それなりの手間暇はかかるし覚悟もいるってことですよ。
それを考えもせず、彼らは自分が”この車に乗りたい”といえば
乗れると思っているのですから始末が悪いです


うれしいもんです


岡田斗司夫氏が

スティーヴン・キング の”クージョ”という映画について語ってる行がある。

”クージョ”という映画の内容ではなくて
主人公の自動車整備工場の社長についてである。

この主人公が古いアメ車に乗っているらしいが、

この主人公が世の中フェラーリーやポルシェに乗っている人間がいっぱいいるが、そいつら一時的に所有しているだけで”自分のもの”にしているわけじゃない。

でも、俺はこの車をエンジンまでバラして隅々まで知っているんだ!
みたいなことをいっているらしいんだ。

私はこの映画を観てないので詳しいことはわからないけど。

そして、その発言を岡田氏はカッコイイと褒めている訳だ。

この主人公の気持ちわかりますよ

私もヴィヴィオをエンジンまでバラしているんだから

岡田さん、私のこともカッコイイと思ってくれるかな?

みなさんは思ってくれるかな?

みなさんがどう思われるか分かりませんが

私自身がヴィヴィオの乗る度に誇りに思ってます( *`ω´)


1馬力あたり・・・・・


インパルスも

ブッ壊れたままで、もうじき車検だしな

いいバイクはないかな〜なんって思いながら
ヤフオクを見ていました

それでカワサキZX-10がお値打ちなんです

ZX-10Rではありません

ZX-10です

20万円前後でハンマープライス!!

むむっ、またビッグバイクに乗ってしまおうかな(*≧∀≦*)

今時のビッグバイクとは比べ物になりませんが、

これでも137馬力もあるっ!

20万を137で割ったら

1459.854

1馬力あたり¥1460也!

因みにハヤブサは

197PSで販売価格が大体167万円くらい

167万を197で割ると

8477.157

1馬力あたり¥8477也

全然、お話になりません

GSX-R1100なんかも安いですね

大体30万円前後

水冷なら155馬力

30万÷155=1935.483

1馬力あたり¥1935也

これも優秀(*≧∀≦*)

ところで東京タワーは3万円で買ったので

3万÷59=508.4745

1馬力あたり¥508也

東京タワー、優秀ですね。

やっぱ東京タワーに乗っておこう!