「ヴィヴィオエンジンオーバーホール③」カテゴリーアーカイブ

またまたヴィヴィオのエンジンオーバーホールです

ヴィヴィオ シリンダーブロック塗装


ヴィヴィオのシリンダーブロックを塗装しました

新色です!

”欲情の赤紫”

赤紫とつけたけど、青が効いていません・・・・・

この染料、もう少し研究が必要です

ブロックを塗装したあとに
ブラケットやノックセンサーの取り付け部分の塗膜を剥がしておきます。

ノックセンサーのところは特に重要です。

マスキングするより、この方が早いです。

あと、ピストンのチェック

今回の腰下に入っていたピストンは

それほど磨耗した感じもないですが、
なぜかあまり数値がよくありません。

それにこのピストンは、今までのピストンに比べて1gほど軽いです。

ヴィヴィオのエンジンは、過去にバラしたものの記録をみると重量は割に揃っています。

寸法より重量はを優先しているのかな?

手持ちのピストンで数値のいいものと交換します

なぜかピストンがいっぱい


ヴィヴィオ オイルポンプ分解


オイルポンプの手入れです

オイルポンプはいくつかあるので、数値のいいものを使います

今回、バラした腰下から外したポンプ

これが1番数値がよかった。

分解・点検したあとに、オイルラインはじめ各部のバリ取りを行ないました。


ヴィヴィオのクランクシャフト加工ですよ


クランクシャフト計測・加工しました

ジャーナル/ピン径を計測。

数値は問題ありません。

真円度も良好です。
真円度については整備書に記載はありませんが、確認しておきました。

その後、オイルラインを加工しておきまた
した

ジャーナルとピンのオイル穴のバリ取り行います

その時に
ジャーナルのオイル穴はクランクの回転方向をなだらかにします。

こうするとピンへオイル供給がよくなります。

詳しくはこの本をみてね

エンジンチューニングを科学する/グランプリ出版

¥1,728
Amazon.co.jp

その後、ジャーナル/ピンをラッピング

ラッピング後に、ジャール/ピン径を再計測して確認しておきます。

クランクシャフトは私のやることは、これで終わりです。

後は加工屋さんで”振れ”を計測してもらい
”振れ”があった場合は修正して、
クランクプーリー・タイミングベルトスプロケット・クランクシャフト・フライホイール・クラッチカバーで一体バランスを取ってもらいます。

今までは”JUN MACHINE SHOP”に出していたのですが
今回はオーナーさんの希望で”戸田レーシング”に出します。


ヴィヴィオ シリンダーヘッド 割れてるよ!!


ヴィヴィオのエンジンですが、大方バラしたので各部の計測・点検です

シリンダーヘッドあ2つありますのでいいほうを使います

下のヘッドは1度オーバーヒートしているそうです。

燃焼室を点検したところ

下のヘッドは
3番の燃焼室のプラグホールから
排気バルブ掛けてクラックが入っています

目視だけでは、分からないクラックもあるので、PT検査するのですが

小さなクラックはPTの現像剤を掛けると却って分からなくなるので
PTはやらずに洗浄液だけを掛けます。

そうすると、洗浄液が乾いていく瞬間にクラックがわかります。

もっとも、このやり方は
いつもいっているようにガスタービンのメンテナンスで品質管理を
やっていた”私だから出来ることであって
一般人には無理でしょう( ´,_ゝ`)プッ

.              ヽ \
.少しは懲りろ!   ./ \ \  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.       ∧_∧/     ̄  < また自慢か!
.      (;´Д`)     i i i    \______
.      /    ヽ _   i i i–、
.     ./| |   | |   ̄ ̄ ̄ |:::::|.
.    / \ヽ/| |       ノ__ノ..
.   /   \\| |
.   / /⌒\ し(メ    .i i i . .
. / /    > ) \  ノノノ
./ /     / /    .\_  ザックザック
.し’     (_つ   /:::::/::…   /ヽ
.          ; “ノ・ ./∴: / )i iヽ-、_へ    ,ヘ
.          ”,, : :―― / / i i i iヽ . ̄ ゙― ノ /
.    n_    _/;    i  .ノ / /ノ-‘ ̄ ゙ ― 、__ノ
.  _ノ 二二二、_( _Д_ ;)-ヽ_ノ-
.  ゙ー ”~      ∨ ̄∨

さらに、フランジ面を手入れして、歪を計測したところ

このヘッド、歪が基準値を超えていました。

上のヘッドとブロック上面は問題なかったので、上のヘッドを使います


ヴィヴィオ シリンダー内径計測


シリンダー内径を計測しました

目視点検したところ
クロスハッチも残っているし状態は悪くないですね。

次に手で触って確認

人間の手は結構敏感ですので偏磨耗していると、すぐにわかります。

軍手をしているのは
凹みを探るときは軍手をしているほうがわかりやすからです。

シリンダーというのは
ピストンリングが当たるところが均等に減るわけではなく
シリンダーの行程の真ん中くらいの排気側が減ります。

なぜ、真ん中あたりが減るかというと
レシプロエンジンの構造上その辺りで
ピストンが強くシリンダー壁に押し付けらるからです。

真ん中くらいと書きましたが
具体的な位置は連桿比やピストン・クランクシャフトのオフセット量に
よって変わりますので
各エンジンの整備解説書の測定位置を確認してください。

なぜ排気側かというと
ヴィヴィオのエンジンは向かって時計周りですので
ピストンが降りていく時に排気側に押し付けられます。
ピストンが降りていく時のほうが燃焼圧力が掛かっているので
強く押されている為というのが、私の推測です。

目視・手による点検が終わったら

シリンダーゲージを使って計測します

整備解説書には6点を計測するように指示してあります。

テーパー度・真円度につても記載がありますので確認します。

さらにヴィヴィオの場合
スタンダードサイズ・ピストンは径に区分1・区分2があります。
どちらのピストンが入っているかは
シリンダーブロックに上のフランジ面に打刻されていますので
確認しておきます。
もっとも、打刻がわからなけらば
ピストンを先に計測すればいいのですが・・・(;´∀`)

シリンダーの数値は、悪くありません。

整備解説書には、室温20℃cで確認とありますので
熱膨張係数を勘案しても悪くありません。
もっとも、換算するより20℃で測ったほうがいいですが
その辺は設備が・・・・アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!

この数値なら、オーバーサイズを使う必要なないですね。
リング交換とホーニングだけして使用します。


ヴィヴィオのクランクシャフト


クランクを取り出しました。

分解時に各部の計測をしておきます

私は計測は分解時・組立時と行います

以前、分解時に計測をするなんてバカじゃないの
といわれたことがありますが、

分解時・組立時に計測するのは
ガスタービンのメンテナンスだとあたりまえのことです。

自動車業界はどうか知りません。

分解時に計測・点検しないと各部品を使用するか・交換するか
決定できません。

ガスタービンと違い、自動車のエンジン程度だったら
部品は安いので、とにかく替えてしまえばいいという発想でしょうか?

以前、ネットを徘徊していたら

「エンジンをフルオーバーホールしたという記事を見かけるが
バルブスプリングを替えたのか!?
バルブスプリング変えていなければ”フル”にはならない!」

という主旨のことを書いておられる方がみえました。

”分解整備”がオーバーホールなのですから
分解して点検すべき箇所を”全て”点検したら
”フル”オーバーホールになる訳ですよ。
交換・再加工するかどうかは部品の状態によります。
全バラして、
状態によってはガスケット以外変えないことだってあるかもしれません。

この記事を見たときは、変な人だなぁと思ったのですが
計測・点検もしないし、今後のエンジンの使われ方も考えないで
とにかく変えろ!という発想でやっているのでしたら、合点がいきます。

それと、エンジンの状態を把握しておくという意味もあります。

このエンジンは、走行距離等不明ですので
計測・点検しないと使えるかどうかもわかりません。
また、使われ方のはっきりしたエンジンでしたらデーターが取れます。
調子のよかったエンジンの数値は有益なデーターになります。

私は記録はとっておきます。

同じエンジンを同じように組んでも、差はでます。

記録をとっておけば、どこで差がでたのか、推測できます。

実際、ガスタービンのメンテンスではそうです。

ガスタービンというのは”コンバインドサイクル”といわれる
発電システムの1部なのですが
それまでの大型のスチームタービンを使ったものと違い
どこぞの発電所の何号といっても
同じ機械を6~7軸使ってできています。
A火力発電所のX号が6軸あるとしたら
X-1号からX-6号まであるということです。
同じようにメンテナンスしても、調子のいいものと悪いものが出ます。
そうしたら、点検時の記録を見て
原因を推測して
次の点検時に調子のよかった軸の数値に合わせていきます。

そんな理由です。

これが、自動車のエンジンに必要かでどうか知りません。
というかそこまでする必要もないでしょう。

でも、これが私のやりたかったことです。

「ガスタービン並みの精度で、自動車エンジンを組み上げたい」

ガスタービンのメンテナンスの現場で品質管理の仕事をしながら
いつか自分の車のエンジン・ミッションを
こんなに手を掛けて組みたいを思っていたのです。

1人でやっているので、設備も技術も足りませんが
少づつ自分の理想に近づいていっていると実感しています。

お殿様のようなこといいますが

.        ●
.      ∧((∧
.     ( ・∀・)||
.    ⊂[ ヽy/, ]⊃
.     ノ__/∞Lゝ
.   /__|_|

別に、全ての人にわかって欲しいとも思っていませんし
分からない人を説得しようとも考えてません。

時間の無駄です

前回のエンジンを頼んでくれた方

今回の方と、わかってくれる人はいるので
そういう人を大切にしていきます


コンロッド鏡面加工って意味あるの( ̄▽ ̄;)


コンロッドの側面鏡面加工を始めました( ̄▽ ̄;)

前回のオーバーホール時にはコンロッド側面鏡面加工には否定的だといいましたが
やってみると仕上がりが綺麗なので、またやることにしました。

ところで前回は否定的なのに
なぜ、加工したかというと、プレオのコンロッドを使ったのですが
このコンロッドはコストダウンされているのか
ヴィヴィオのコンロッドより作りが荒かったのです。

以前、ヴィヴィオのオフ会にいったら
「同系列なら後から出たモノの方がいいので
兎に角それを使った方がいい。」
と言っている人がいましたが、注意が必要ですよ。
コストダウンされていることもありますし
”改良”された目的が自分の目指す方向と違うこともあります。
コストダウンだって品質低下が許容範囲内なら
コスト面から考えたら”改良”なわけですから。
よくリサーチしてからの方がいいでしょう。

ヴィヴィオのコンロッドと比べて重量差もかなりありました。

それで、1番重いコンロッドを1番軽いコンロッドに合わせていたら、側面がピカピカになってしまったので、全部磨いたのです。