上がりのクルマ(‘(゚∀゚∩


以前に、NAロードスターのオーナーさんにDIYでの
ヘッドチューンのアドバイスをさせて頂いたことがあります

「会長さん、上がりのクルマって何か考えています?」
とオーナーさんから訊かれました

上がりのクルマね

やっぱりヴィヴィオ

いやぁ、どうかな・・・

ポルシェターボかな?

勿論、930ボディ!

でも、実をいうと何でもいい!

ヴィヴィオでもロードスターでポルシェでもカタナで何でもいい!
.     , -―‐‐ ,ニニニ= 、
..    /’´l「 ̄ ̄||(;><), `、   スバル360なんです
.   /lー’|ー―ヘ`ーO――‐-    o
..  , ‘⌒ |   `、  ` _( ̄ ̄`丶ゝ__
. d /ニl、 |     l, -、。ヽ(_) 、   トVl
.  `{l l}Lヽ|__  /, =、}  `ー’ ゚ `ー‐’_゚_j_
..  ヾ’-′    ̄ {{l  l}`rに二二二 -ァ‐’′
.           ヾ ノノ       `ー’

なんでもいいは言いすぎですが
ヴィヴィオを始め私が好きな好きな車なら、なんでもいいってことです。

私は車種よりも自分のクルマを

ウルフ・カウンタックのように

仕上げたいと思っているんです。

どういうことか説明しますと

 

幻のスーパーカー/双葉社

福野礼一郎氏の、この本によればウルフカウンタックというのは
当時のカタログモデルのLP400とは比べ物にならない程
丁寧に仕上げられているとのことです。

この車はラインから1台を抜き出して
プロトタイプの5000ccのエンジンを
レーシングコンストラクターのダラーラがチューンして載せ
足回りを強化して内外装を職人が手を掛けて仕上げた。
このウルフカウンタックの1号車は日本にあるらしいのですが
現在はLP400のエンジンが載っているそうです。以前、雑誌でこの1号車の試乗記を読んだことがありますが
このエンジンは随分と調子がいいとのことです。
その試乗記を書いたライター曰く
こんなに調子のいいLP400(エンジン)は
乗ったことがないとありました。

そして、その記事では実は1号車のエンジンは
元々このエンジンが載っていたのではないかとの結論でした。
つまりこのLP400エンジンは
ダラーラがファインチューンしたエンジンではないのか!ということです
実際、カムが変えてあるようです

プロトタイプの5000ccエンジンは熱の問題で市販される時には
4000ccのエンジンになったのに
そのエンジンを載せるのは無理がある。

大体、ウォルター・ウルフほどの富豪が3台の車を乗り継いで
エンジンだけを使い続けるなどとセコいことをするだろうか?

2・3号車にも5000ccは載っていないし
そのエンジンは何処へいちゃったの?

ってのが理由です。

なんといってもウルフ・カウンタックは”J”とならんで

ミステリアスな存在です。

真実は闇の中。

ここではLP400エンジンを
ダラーラがチューンして載せたという説を真実とておきましょう。

つまりラインのTQCの中で生産されたクルマを全バラにして
ビシッと組み直してみたい。

それを施したクルマが私の”上がりのクルマ”ですかね

Facebook Comments

コメントを残す