ウルフカウンタックのように仕上げる!


私は、自分の車をウルフ・カウンタックのように仕上げたいと書いたことがあります。

その後、ウルフカウンタックについて調べたのですが、あの時の記事とは少し状況が違います
ウルフカウンタックはミステリアスな存在ではなくなった。

http://www.yasu.sportscarfan.com/lamborghini/2015/1504a/index.htm

ミステリアスな存在ではないとしてもウルフ・カウンタックの価値は何も変わりません。
そして、ラインから抜き出してビシッと組まれた車であることも変わりません。

上記の記事を上げたのが2014年1月17日ですから
あれから、もう2年近くなります。

その間、何もせずに指を咥えていた訳ではありません。

このヴィヴィオが出来ました!!

まだ完成ではないですけど。



このヴィヴィオは、上記の想いがあったから出来たのです。

あの記事を上げてから

ここに至るまでに何基もエンジンオーバーホールもしました

オリジナルカラーによる全塗装もやりました

このヴィヴィオが出来上がったのは、本当にうれしいです。

ここまでやってあるクルマは、そうないでしょう!!

まだ、試運転しかしていませんが、走りはかなり良くなっていると予想されます。

”特別なクルマ”といっていいと自負しております。

見た目も普通に仕上げたのが拘りです。

こういった車はシャカリキな走らなくても普通に乗っているだけで満足感を与えてくれます。

例えば、このエンジンですが

元々は青ヴィヴィオに乗っていたものです

このエンジンのクランクシャフトは、”JUN MACHINE SHOP”さんでASSYでダイナミックバランスを取ってもらってあります。

このエンジンが青ヴィヴィオに乗っていたころは青ヴィヴィオは普通にエンジンを掛けるだけでうれしかったもんです。

滑らかですし、あのJUNで加工してもらったというが誇りでした。

それでも、このヴィヴィオは”理想”のヴィヴィオか?と問われれば、まだ理想には遠いです。

知識・技術・設備・資金・根性
どれをとっても足りません。

でも、着実に1歩ずつ前進している実感しています。

来年は、これの経験をもとに、更に進化したヴィヴィオを作ります。

出来る・出来ないではなく

とにかくやれることからやっていく。



Facebook Comments