乗りたかった車


先日、

死んでも乗りたくないと思った車

という記事をアップしましたが

では、”乗りたかったクルマ”はというと<br=””>


こんなところですね(*゚▽゚*)

カッコイイ( ´∀`)

しかし、私が免許を取った頃は、



顔をしかめる方もおられると思いますが、”峠族”が全盛の頃です。

峠にいくとRX-7を除いて、こんなクルマはいません。

当時、峠で速いクルマといえば、

まぁ、ハチロクじゃないですかね( ̄▽ ̄;)

もっと、速いのは

ワンダーシビック
”絶対に乗りたくないクルマ”の条件を2つも満たしてます(゜´Д`゜)

もう一丁

スターレットターボ

当時はまだKP61もよくいたな。

他にも

シビックがいりゃ、コイツもいる


こんなのも、いたなぁ。ランタボ

こいつのせいで、今でも年式を問わずランサーがバックミラーに映ると、
胃が痛くなるヽ(;▽;)ノ

夢がガラガラと音を立てて崩れ去りましたね。

ランタボ以外が、軽量・コンパクトなクルマです。

セリカXXのよう鼻の下の長いクルマは峠(やま)では、話になりません

好きな方には、申し訳ありませんが、
CR-X以外はカッコイイとは言い難いクルマたちです(^_^;)

で、当時、私が乗っていたのは

”ミツル花形2000”

じゃない

TA61カリーナ

TE71後期型と並んで、最後の2T-Gです。

カリーナ1600GT。
5万円で買いました

このクルマ、エンジンはいじればどうにでもなるんですが、

いかんせん!車体がデカイ・重い(゚Д゚)ノ

4気筒を積んでいる以外はセリカXXと変わりません。



次は、やっぱりシビックくらいのクルマに乗りたい。

でも、このクラスのクルマは、
私の乗りたくない条件に当て嵌るクルマがほとんどです。

それで、考えたのがCR-X。カッコイイ(・∀・)

FFはどうしても嫌という訳ではなかったので。

しかし、当時、先輩で”アンチ・ホンダ党”がいて、
くそみそボロクソに言われたので、却下

次はMR2(AW11)

これも、カッコイイ。

当時はカリーナの次はトヨタ車には乗りたくなかったので却下

今では、2台ともコレクションしたいクルマですね(*゚▽゚*)

それで、これになったわけすね

ユーノス・ロードスター(NA6CE)

この時点で、私はシビックやカルタスGT-iのような

所謂、ホットハッチと呼ばれる車の速さや楽しさは見せつけられきたのに、何故か乗る気になれませんでした。

ホットハッチと呼ばれるクルマたちは、
極論を言えば、コンパクトカーにハイパワーエンジンを載せているだけですので、安普請です。

それでも、速くて楽しいヾ(@⌒ー⌒@)ノ。

軽量というのが効いているのでしょう。

でも、私は2シーターであったり、クーペであったりスポーツカーの”記号”に拘ったのですね。

結構、アタマが硬いですね(^_^;)

そう言った意味では、ロードスターは、すごく当時の私の要求に答えていたと思います。

低い車高・2シーター・4輪ダブルウィッシュボーンサスペンション。
私はオープンということに拘りは、余りないのです。

Z(32)やスープラ(70)等の上級スポーツタイプの車を小さくして4気筒エンジンを載せたような造りです。

ロードスターは、かなり贅沢な造りです。

そう言った意味では、ロードスターは、すごく当時の私の要求に答えていたと思います。

Facebook Comments