ヴィヴィオとライバル


アルト・ワクースはアルトとは別の車に見せようとしているのに

何故、ヴィヴィオRX-Rは、ヴィヴィオの1バリエーションというか、ヴィヴィオの1つのグレードという位置付けなのでしょうか?

アルト・ワクースがアルトとは別の車のような演出がされているのは、以前にも書きましたがマーケティング上の理由もあると思います。



ワクースの前にデビューしたアルト・ツインカム/ターボが

ミラTR-XXに販売で

後塵を浴びてしまった。
この敗北から学んだ教訓で、ツインカムにターボを付けたエンジンを出す時は、エクステリア・インテリアにも手を入れて”別の車感”を前面に押し出しました。

それに対してヴィヴィオRX-Rは、あくまでもヴィヴィオの1バリエーションです

アルト・ワークスはカルタスGT-iとならんで

バイクメーカーのスズキが、ありあわせの軽自動車の車体にバイクのエンジンを放り込んだような代物で、エンジンありきで、

ヴィヴィオRX-Rは、ヴィヴィオの車台ありきということでしょうか?

ところで、ここのところヴィヴィオ・マイスターと作業していて

感じたのですが

ヴィヴィオRX-Rを選ぶ人間と

アルト・ワークスを選ぶ人間は

根本的になにか違うような気がするのですが、どう思いますか?



Facebook Comments

コメントを残す