車の価値はいつ分かる?


自動車雑誌を立ち読みしていたら

トヨタ86のモデルチェンジの情報が載っていた

現行の86は”デカイ”重い”高い”非力”とのことが書いてあった

だから、時期モデルはスバルとはオサラバして

マツダのコンポーネンツを使うとのことでした。

ずいぶんな言い草ですね。

3年前にBRZ/86がデビューしたときは、久々にコンパクト(?)なFRスポーツがデビューと騒いでいたのに

NDロードスターがデビューしたら、そちらばかりが話題です。

マツダ党・ロードスターオーナーの方は、NDの方が”出来がいい”ので当然と思われるかもしれませんが、3年後はNDだってどう評価されているか分かりませんよ!

新型BRZ/86、もしくは全然違うFRスポーツがデビューしてNDは非力だからダメだ!とかいわれているかもしれません。

やっぱりNAをこえられなかったとか。

私は、新しい車が出たからといって、ある車の車としての価値は下がるわけではないと考えています。

例えば、ロードスターはNB・NC・NDが出る度に、技術的なことは進歩したでしょうが、NAの基本設計のよさ・設計思想の高さ・志の高さは変りません。

私の考えですが、車の”本当の価値”が分かるのって、減価償却期間も過ぎ、登録から10年過ぎ、市場価格0になり、新しいもの好きの方から全く見向きもされなくなってからだと思うんですよ。

BRZ/86・NDロードスターの10年後の評価が楽しみです

Facebook Comments

コメントを残す