廃車にするのがベストですね


先日、10年10万kmを超えたクルマに乗っている知人が
最近なんかクルマが不調だと連絡がありました

ディーラーに修理に出しても直らないそうです。

まぁ、仕方ないでしょう。
日本の社会構造・産業構造・社会通念では乗用車などという
”耐久消費財”は10年10万kmで廃車にするものです。

もっと言ってしまえば普通自動車の減価償却期間は6年です。

メーカーの想定した耐用年数を超えているのですから
ディーラーで直せないからといって文句をいうのは筋違いです( *`ω´)

それで、その知人が私にどうしたらいいか訊いてくるので

「廃車にしたらいい!」

と、アドバイスを差し上げたところ

怒ってしまいました。

なんで(?_?)

私は日本の社会通念・産業構造を考えて
おかしなことは言っていません。

要するにその知人は
私に自分の車を直させようと目論んでいたようです
しかも、只で!

私に言わせていただけばその知人のほうがどうかしています。

ディーラーや一般の自動車整備工場でお手上げと

”ゲームオーバー”

それ以上乗るのは車を”耐久消費財”とか”単なる移動・運搬の道具”と思っている人や”常に正しい答えがある”と思い込んでいる人はやめたほうがいいでしょう。

メーカーの想定した耐用年数を超えたら

そこからは未知の領域ですから
正しい答えはないのです

そこの謎解きしていくという”遊び”なんです

 

Old-timer
(オールドタイマー) 2014年 02月号 [雑誌]/八重洲出版

 

そこから先はそれが理解できる人だけが参加できるゲームなのです

Facebook Comments

コメントを残す