シフトノブの持ち方


ヴィヴィオのシフトノブはSTiのものを付けています

メーカー系列のものだけあって純正風にピタリと決まります(*゚▽゚*)

で、ヴィヴィオの場合、シフトレバーの位置がシート座面に対して低いので、

シフトレバーの持ち方は

自然と上からになりますわな

こんな感じで、”ガングリップ”風に持つと

手首を不自然に捻るし、シートに当たるので、

まず、ガングリップ風に持つことはありません

もっとも、トラックのように

延長棒をかまして

ロングシフトノブを使えば

ガングリップ風の持ち方も可能でしょう。

悪くない(*゚▽゚*)

どうせなら、シフトノブは

水中花入がいい!

ところで、ロードスターはというと

RX-8の純正が付いています

これは、私が付けたのではなく購入した時から付いていました。

ロードスターの純正のシフトノブは

これは、Sスペシャルのナルディ。

どのグレードのものも上から持つ形状になっています。

1台目のロードスターは、シフトノブは純正のウレタン製のままで乗っていました。

色々と変えたりしたのですが、ロードスターのシフトは重たいので純正品のように錘が入っていないとしっくりと来ません。
それで、結局純正を使い続けました。

ですから
ロードスターは上からシフトレバーを持つものだという思い込みがあったのですが、

このRX-8のシフトノブはガングリップ風に持った方がしっくりと来ます

この方が気持ち(・∀・)

ヴィヴィオ位の位置でしたら、上からになりますし

AW11くらい

シフトが高い位置にあれば

ガングリップ風と自然となってくると思います。

でも、ロードスターはどちらでも可能な位置と感じます

皆様はどちらの持ち方をしてみえますか?

Facebook Comments

コメントを残す