大企業やることが正解(´ヘ`;)ウーム…


先日、お会いした方で

”メーカーのやることが1番正しい”

と、おしゃっている方が見えました。

どういうことか説明しますと

チューニングと称して、車を改造しても悪くなるだけ。

シロートや中小企業のチューニングショップが変に弄り回したり
これも、また中小企業のサードパーティーが作った変なパーツを組み込んでもおかしくなるだけ。

大企業が作ったノーマルが1番正しい。

ということです。

私の周りでも一般の整備工場で修理工をしている方で
このようなことを言われる方がいます。
そう思われる方には、そうなのでしょう。
釈迦の考え方をとれば、現実は人の数だけあるのですから。

私がとやかく言う事ではありません。
が、こういう方には
私のやっていることにとやかく言ってきて欲しくないものです。

因みに
私はメーカーのやっていることが”1番正しい”とは考えていません。

と、云うより”正しい”とか”正しくない”という概念を持ち込むことが理解できません。

では、

ラリーに出ているインプレッサと

市販のWRXは

全然、仕様が違いますが、どちらが正しいのでしょう?

そもそも、メーカーのやっていることが”1番正しい”はずなのに、
なぜ、この2つは仕様が違うのでしょう?

1番は、1つしかないのではないでしょうか?

簡単なことです。

この2つは使用目的が違うからです。

ラリー車は完全な競技車両で、目的もはっきりしていますし、乗るドライバーも決まっています。サービス体制もしっかりしています。

市販車の方は、どんな人が乗るか分かりませんし、使い方やメンテナンスの質や頻度も分かりません。

この2つが、同じであるわけがありませんし、同じである必要もありません。

私は以前にみん友のVAMさんから難解な質問を受けて、「メーカーは性能や機能を追求してクルマを造っていないと思われます」と答えました。

その時にメーカーが性能/機能を追求して車を造っていない理由として以下のような理由を上げました

・コストや生産性

・汎用性

・それ相応の耐久性

・市場(販売サイド)の声

・組織がうまく機能していなかった。

(3つ目までは、考え方によっては性能/機能に含まれるかもしれません)

私は、メーカーの作った車は色々な要因のせめぎ合いの中で、最高の妥協点・・・、よく言えば最適化されたものだと思います。

でも、それはあなただけの為に造られてクルマではありません。

メーカーのエンジニアが、あなたの要望を訊いて、テストドライバーやインストラクターが同乗してあなたの運転技量を確認しながら作ったクルマではありません。

どんな人が、どんな使い方をするかわからないという前提に立って作られた市販車なのです、

ならば、メーカーが想定したであろう使い方と自分の使い方の違いを考えたり
汎用性を捨てたりして、自分にあった仕様を作ったっていいと思います。

私は、メーカーのやっていることが間違っているから、カスタムしている訳ではありません。

自分の使い方・運転技量・好みに合わせたいからクルマをイジっているのです。

もちろん、私はノーマルはダメだからとりあずアフターパーツを組み込めというやり方にはには賛成しません。

メーカーが売っているノーマル状態のクルマは1つの完成形だと思いますが

それが”正しい”と押し付けてくるのはいただけません

Facebook Comments

コメントを残す