タイヤの接地感の変化!!


赤ヴィヴィオを

慣熟走行させていました。

出来たばかりですから、直すところや詰めていくところは沢山あります。

きつめのコーナーを立ち上がっていくときに、時折、エンジンが息つきをします。

部品取りした車、4番シリンダーが排気バルブ欠損していましたので
燃料系の不調があった可能性は高いです。

インジェクターはクリーニングして、フィルター・ホース類は変えたので
あとは、ポンプとレギュレターを交換してみます。

それはいいとして

この車は、フロントの接地感がすごくあります!!

コーナリングしているときもタイヤが路面をつかんでいる感覚が伝わってきます。

本来はヴィヴィオは、こういったものではないかと思います。

サスペンション交換だ!アライメントだ!ジオメトリーだ!

と、いったところでボディがよれていては話にならいのではないでしょうか?
ヴィヴィオに限ったことではありません。

ブレーキがパットも含めてノーマル状態です。
ホースはステンメッシュになっています。

ブレーキが効かない!!

青ヴィヴィオはパット・シューが換えてあるので、比較するのもなんですが、
ブレーキを踏み込んでいくと簡単にロックします。

赤ヴィヴィオは、タイヤが路面を掴んでいるので簡単にロックしません。

なんか上手く表現できませんが
タイヤが路面を掴み続けてるのでブレーキを掛けてもタイヤは回り続けます。
それで、効かないというかブレーキパットがローターを抑える力が頼りないと感じる。という感じ。

実際には制動距離は短いと思います。

ブレーキをいくら強化してもタイヤが路面を掴んでいないとロックしてしまう。
ABS付きならABSが介入してくるだけ。

ボディ補強は効果ありです!!

慣熟させていくのが楽しみです!!

a href=”http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NBPNV+6V2WTU+37HI+60H7L” target=”_blank”>


ヴィヴィオ保存会は”ショッカー”です!!


いきなりですが

ヴィヴィオ保存会は”ショッカー”です!!

”地獄の軍団”

訳が分からないと思います。

「世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書)/筑摩書房

¥842
Amazon.co.jp

岡田斗司夫さんのこの本を読んで頂くとお分かりいただけると思います

岡田さん曰く、

「悪の組織の理念は、作者の本音であることが多い」

「理想が暴走した形が悪の組織である」

ヴィヴィオ保存会は車どうこうよりも、私の理想論なのです。

世の中の多数の人々は、産業革命から続いている”高度消費社会”を是として、
これからもこれを続けていこうとしています。

資本主義というのは終わりなき成長という幻想が大前提になっています。
しかし、地球環境はもう限界です。

どんなに”エコ家電”エコ車”を作ったところで焼け石に水。
そもそも、”エコ”という言葉は地球環境の為というより新たな消費の為に言っているは明白です。

ヴィヴィオ保存会は、この”高度消費社会”に反旗を翻す活動なのです!!