ヴィヴィオのポートを削ります


ヴィヴィオのシリンダーヘッドの歪みをチェックしてから

ポート加工に取り掛っていきました

今回は面研をしないのでフランジ面を養生します。

ポートにガスケットを当てて

ニードルで罫描をします。

この罫描線に合わせてポートを削っていきます。

最初は超硬バーにて

荒削りしてポートの形状を決めます

ポート削る前


インテークのポートは鋳造の中子で作ったポートと、シートリングを入れる時に座ぐった跡が結構ずれています。

写真ですとちょっとわかりにくいかもしれません。

ここは、削りにくいので最初にマイクロリューターで削って整えておきます。

綺麗になりました。

今日はインテークの荒削りを8割がた終わらせました。

ヴィヴィオのエンジンは何基もやっているので、ポート形状の特徴は掴んでいますので、いいものができると思います。

Facebook Comments

コメントを残す